オカダアイヨン

オカダアイヨン

採用情報

先輩の声

橋本 恵利/アフターマーケット部 部品センター 2015年入社

仕事内容

部品の受発注が仕事。今後は、部品の知識をもっと増やしたい。

アフターマーケット部は、全国の営業所から注文を受けた部品を出荷する部署です。
私の仕事は、各営業所から受けた注文に対して、発注や受注入力をしたり、仕入れ・売り上げの計上や支払いの確認、更に支払い処理や締め処理を行うことです。
まず、前日出荷した分の運賃をチェックし、発注書を売り上げます。そして仕入れた分の仕入れの計上を行います。夕方16時ごろにはパートの方が帰られますので、その方の受注業務を引き継いで行う、というのが大まかな1日の流れです。
仕事をする上で心がけていることは、優先順位をたてて仕事を行うこと。時間がなくてあせってしまうこともありますが、常に心がけるようにしています。
失敗談としては、入力ミスや未入力があって、締め処理のときに自分が把握していた金額や在庫が合わなかったことですね。これは怖いですね。逆に、自分の把握していた内容と合致したときはスッキリします。
仕事上の必須アイテムは特にありませんが、手帳など、よく使うものは自分の気に入っているものを買い、仕事のモチベーションを上げています。
今は部品についての知識が浅く、今は各営業所の方から問い合わせがあったときにも、自分だけで解決出来ず、電話を代わっていただいて何とかつなぐことが多いので、今後は、もっと自分でも部品の知識が増やせたらと思います。

入社理由/会社の雰囲気

改善提案制度が入社の決め手。自由度が高く明るい会社!

弊社への入社理由は、改善提案制度があること。役職や社歴を問わずに、自分が改善したいと思うことを自由に主張できる点が魅力です。実は私自身、今まさに提案をしようと、書類を作成しているところです。
弊社は、全社的に明るく活気のある会社だと思います。お昼休みや通勤時間なども、自分の部署だけでなく、他部署の人ともふれあえるのでいつも楽しいです。
上司は、私たちの頑張りをしっかり見てくれているし、目的がズレていなければ、やりたいようにやらせてくれます。もともと私は受身タイプだったので、指示をもらえる方がいいと思っていましたが、自分のやり方を認めていただいたときに、可能なところは自由にさせてくれる方がありがたいと感じました。仕事の自由度は高いと思います。
今では失敗を引きずらず、前向きに頑張ろうと心がけています。それでも何かあったときは、母親に愚痴を聞いてもらってすっきりしています(笑)。

就活で苦労したこと/学生へのメッセージ

とにかく前向きに動くこと。得意な質問を作っておくこと。

私の就活時代は就職氷河期で、面接まで進めないこともありました。しかし、面接までいくためにはどうしたらいいか考えましたし、セミナーにも参加しました。とにかく、前向きに動くことですね。
就活時代にやってよかったことは、「この質問なら任せて!」という回答をつくっておくことです。私は学生時代、ボランティアサークルに入っていたので、面接官にその話を振られたら「よし、こっちのもの!」と思っていました(笑)
弊社の良いところは、常に高い目標がたてられているなかで、社員が一丸となって頑張っているところ。なので、協調性のある人が向いていると思います。
弊社は、間違っていなければ、ある程度は自由にでさせてもらえる風土があると思いますし、いろんな人がいて楽しみながら仕事ができると思います。ぜひ、一緒にがんばりましょう!

TOP