オカダアイヨン

オカダアイヨン

商品情報

サイレントTSRCクラッシャー

  • TSRC-1000V

  • TSRC-1300V

サイレントTSRCクラッシャー
サイレントTSRCクラッシャー

業界唯一!1台でSRC構造の解体に対応!

1台でS構造、RC構造、SRC構造など、多様な解体現場に対応できる、進化したクラッシャー。

 

 

Features

優れた対応力
優れた作業性
優れた耐久性
優れた切断力

1台でさまざまな構造の解体に対応

建物構造の多様化にあわせてTSクラッシャーがさらに進化。これ1台でS構造、RC構造、SRC構造など、さまざまな解体現場に対応できます。

アームが張り出さない機能的フレーム

従来の2本シリンダーと増速バルブを標準装備。また刃の開閉時にアームが張り出さない機能的なフレーム形状を実現しました。

特殊鋳鋼の採用でボディを強化

従来から定評があり、強度重量比に対して圧倒的に有利な特殊鋳鋼を採用。ボディを強化しました。

円弧形状刃で切断力が向上

2枚の刃の成す開口角度〈α〉が平行に近かった従来のストレート刃に対して、新開発の円弧形状刃では、開口角度〈α〉が広いため、接触面積が小さく、作用する切断力が点状に集中。切断物の端からスムーズに切断することが可能です。カタログ上同じ切断力を持つ機械に取付けた場合も、円弧形状刃なら切断能力の向上が図れます。

シャープな切れ味を長く持続

アーム取付部のボス径接触面積を、従来機に比べて40~50%増やすことで、切断力低下の原因となるアームの開きやガタツキを防止。また高耐久の金属製ブッシュを採用することで、磨耗によるガタツキを抑制、シャープな切れ味を長く持続します。



■H鋼を切断する場合の比較
従来のストレート刃でH鋼を切断する場合
円弧形状刃でH鋼を切断する場合
円弧形状刃でH鋼を切断する場合


Specs

■サイレントTSRCクラッシャーシリーズ
型式 TSRC-1000V FR/ARTS/HR TSRC-1300V FR/HR
質量 標準 [kg] 2540/2630/2630 4160/4220
質量 最軽量 [kg] 2460/2550/2550 3980/4040
全長 [mm] 2445/2555/2555 2920/2920
最大開口幅/最小開口幅 [mm] 1000/0 1300/0
最大全幅(アーム全開時) [mm] 1540 1900
先端 破砕力 [kN] 950 1100
切断力(刃中央部) [kN] 2470 2850
切断刃長 [mm] 480 550
使用圧力 [MPa] 30 30
標準装備バルブ 増速バルブ 増速バルブ
取付ショベルクラス [ton] 20〜25 30〜40

※フリー旋回はFR、油圧旋回はHR、アーツ旋回はARTSと記載しています。
※最軽量は、ロッドカバーとサイドカバーを装着しない状態の質量です。



OKADA PSE(部品表・取扱説明書・サービスマニュアル)

※登録を希望されるお客様は、拠点の営業所にお問合せください。
(要ID・パスワード)
  • このホームページに掲載した仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

    また、アタッチメントの取付けショベルは仕様欄に表示しているクラスのショベルでも取り付けられない場合がありますので、弊社担当者までご相談ください。

  • このホームページに掲載した写真は、販売標準機と一部異なることがあります。
  • 機体質量3ton以上の建設機械の運転には、「車両系建設機械運転技能講習修了証」(整地・運搬・積込及び掘削用)が必要です。

    また、油圧ブレーカを装着する際には、車両系建設機械運転技能講習修了証」の(解体用)と(整地・運搬・積込及び掘削用)の両方が必要です。

  • 磁石製品をご使用になる際には、「車両系建設機械運転技能講習修了証」(整地・運搬・積込及び掘削用)に加えて、「小型移動式クレーン運転技能講習修了証」の取得を推奨します。

  • 各製品をご使用される際は、必ず取扱説明書をよく読んで、正しくお使いください。

  • 本サイトに掲載されている情報について細心の注意を払っておりますが、掲載された情報の誤りなどによって生じる可能性のある損害については一切の責任を負いかねますことをご了承下さい。

TOP