オカダアイヨン

オカダアイヨン

採用情報

先輩の声

永阪 智毅/アフターマーケット部 プロダクトサポート課 2018年入社

仕事内容/入社~現在の仕事内容/英語は使いますか?

海外の機械を中心に、出荷前検査・点検や、問い合わせに対応。
アフターマーケット部 永阪

私はプロダクトサポート課に所属していますので、今は主に海外機械、輸入機械の業務に携わることが多く、それらの出荷前検査・点検や、問い合わせ対応などの仕事を行っています。
ほかには、製品の取扱説明書の作成、各店所からの問い合わせ等への対応、たまに部品出荷なども行います。
問い合わせは、国内機械よりも、「輸入機械のこの部品がわからないから教えてほしい」というような、輸入機械に対する内容がほとんど。部品センターと同じ部署なので、商品だけでなく、部品のこともわかる範囲で対応します。
また「電気系統の配線などがわからないから、図面が欲しい」ということであれば、メーカーに問い合わせをして、回答を店所に伝えたりしています。
海外に問い合わせ等するときは、基本英語で行いますが、時差があるので、電話での問い合わせはあまりせず、直接やり取りするのはメールがほとんどです。

ワークサポート制度について

ワークサポート制度をしっかり活用して、英語力をアップ。

英語を使う部署なのに、英語力がほぼ0だったので、1 年ぐらいはワークサポート制度を利用しました。それなりに勉強して、今は中程度ぐらいに進歩したと思います。
英語と言っても専門用語が多く、例えば、「チッパー」(chipper)という言葉ですが、日本語に訳すといろんな意味があります。僕らの業界の人ならチッパーは「破砕」を意味することが分かりますが、知らない人からするとチッパーが何かわからない。取扱説明書も英語表記が多いため、電気系統の説明などは、自分で翻訳していくことが多いです。

出張の行先、頻度

期末を中心に全国へ出張。現場での対応力が重要です。

出張は、日本全国へ行きます。出張先は本社と違いますので、お店の機械置き場を借りたり、港で製品の点検をしたり、現場での対応力が重要です。
特に期末が多いですね。期末に「すぐ機械を納入してほしい!」と急にいわれることもよくあります。
各店も機械売上を達成するために、期末に畳み掛けてたくさん注文を入れる。その結果本社は、受注した商品をすぐ出荷する為に、その分出張が多くなる、という流れになります。

仕事内容の変化

仕事の範囲が広がり、今は機械を見るだけでつくりが分かるように。

最初の頃からすれば、やれる仕事の範囲は広がりました。
最初は、主に部品出荷を担当していましたが、今では部品出荷だけではなく、商品検査や資料の作成、部品や商品の技術的な部分の問い合わせ対応を受けていたりします。
以前は資料ばかり見ていたのですが、仕事の範囲が広がるのに伴って、機械を見るだけでそのつくりが分かってくるので、今では機械がどのようになっているか、どんどん分かるようになってきました。

1 日のスケジュール/仕事の難易度

仕事は知識と経験が重要。今後はもっと現場経験を積んでいきたい。

日によって変わりますが、私たちの仕事は、基本的には<待ち>の仕事なので、メールや電話での問い合わせがあればそれに対応して、問い合わせ先から応答があれば、その内容をお店などに返答したり…という感じですね。
何もないときは、資料づくりを進めていますが、電話が鳴ればすぐに出て、調べて対応するという流れが基本です。
仕事は、すべてが難しいですね。特にプロダクトサポート課は機械の知識、現場の経験の両方が必要となります。私自身は、まだあまり現場を経験していないので、そこが弱いところでもありますし、頑張っていきたい部分です。

今後の目標/上司について

自分だけで仕事を解決して、上司にはほかの仕事をしてもらいたい。

もっと自分の知識を増やして、問い合わせを受けたら、すべて自分自身で解決できるようになることが目標です。
上司は、仕事についていろいろと教えてくれる優しい方で、今は分からないことを上司や先輩に聞くことが多いのですが、私が自分で解決できることが増えれば、上司にほかの仕事をしていただけますので、頑張っていきたいと思います。

学生へのメッセージ

学生時代は、学生だからこそやれることを精一杯やって!

自分のやりたいことは、結局、会社に入ってみないと分からないことも多いと思うので、学生時代は、とにかく今、何をやりたいか、学生だからこそやれる楽しいことだけを考えて動いたら良いと思います。会社に入ってから、それがいろんなカタチでつながっていくのではないでしょうか。
私は自衛隊からの転職で、少し特殊かもしれませんが、自分なりに頑張ってみて転職をしました。
当時は興味がありませんでしたが、今は海外を相手に、ボールペン、メモ帳、グーグル、翻訳ソフトなどを駆使しながら、日々楽しく仕事をしています。今やっていることを無駄にせず、精一杯やっていけば、おのずと良い結果が生まれると思います。このメッセージをご覧の学生さんが、将来良い仲間になれればと嬉しいですね。

TOP