半世紀の歴史

Company History Of A Half-Century

昭和初期

 オカダアイヨンの創業は、昭和13年、現会長 岡田勝彦の父である故 岡田農夫(たつお、号は白雲)が、今の国立文楽劇場の隣にオカダ鑿岩機営業所を開業したのが始まりです。しかし、その後は戦争の激化するなか、戦災により閉店。やがて、日本は敗戦し、終戦後の闇市時代という暗い時代が続いたのでした。そんな混乱のなか、昭和20年後半、当社はカバン一つで再び業務を開始。自転車で大阪市内はもとより、尼崎、堺に至るまで走り廻ったものでした。

 

 その後、日本も次第に復興を遂げ、荷物の配達も三輪バイクから四輪トラックへと移り変わりました。一方、この頃の鑿岩機は、ほんの一部に電動式があったものの、100%近くが圧縮空気動のものでした。

 

 また、当時の取引先は、帝国鑿岩機製作所(現テイサク)様、東洋工業(当時)様、日本ニューマチック工業様等々14社以上にものぼり、多種多様な「鑿岩機」「ブレーカ」「エアーコンプレッサー」と取り扱うことによって、幅広い勉強をさせていただいたように思います。

昭和中期

 やがて、高度成長期といわれる30年代、40年代に入ると、当社も少しずつ力を蓄えて家業から企業へと脱皮。昭和35年には他社との共同で、わが国初の大型エアーブレーカ”アイヨン”1号機を完成させました。また、この年の9月には、株式会社としてもスタートを切ったのです。40年代に入ると、アイヨンが加速度的に売れ始め、皆様方からの多様なニーズにお応えすべく、200型、600型、1000型と、小さいものから大きなものまでシリーズで開発するにいたりました。さらに、より高性能で静かなエアーブレーカ、ブルーアイヨン(BB)を帝国鑿岩機製作所(現テイサク)様と開発したのも40年代でした。

 

 日本の高度成長にとって象徴的な出来事といえば、昭和45年の万国博覧会です。オカダのアイヨンは、この万博でも千里丘陵の会場跡地の破砕に数多く使用されました。また、わが社が油圧ブレーカを日本で初めて輸入したのもこの頃のことです。当時、私どもが後年、このアメリカの機械を販売するとは想像もつきませんでした。まして、将来、私どもが油圧ブレーカを米国をはじめ世界の各国に、大量に輸出することになろうとは・・・。

 

 それはともかく、好景気に湧いた日本経済も、昭和48年のオイルショックを契機に下降線をたどることになり、建設および建設機械業界も、昭和61年の景気回復まで厳しい冬の時代へと突入したのでした。

昭和後期

 景気後退という中で、私どもが一貫して守ってきたことは、従来の機械に徹底したサービスをお付けして販売するということでした。加えて、より使い易く、高性能で低コスト、さらに公害が少ないことをモットーに、機械の改良、開発に努めてきたことです。また、この間、長い取引先である多くの会社のご協力を得まして、業界の新しいニーズにお応えする製品を次々と世に送り出しました。代表的なものでは、ベストセラーとなった油圧ブレーカUBシリーズ、低公害でパワフルな圧砕機サイレントTSクラッシャーシリーズ、そして、無騒音で革新的な穿孔機SDサイレントドリルなどがあげられます。

 

 昭和58年に「オカダアイヨン」と社名を変更し、CIの導入を計り、新たな第一歩を踏み出しました。昭和62年には、創業50周年を迎えたわけであります。

平成

 そして、時代は昭和から平成へ。わが国は世界の経済大国へと成長しましたが、その反面、日本の輸出増大は貿易摩擦を生み、内需拡大を主導とした経済を余儀なくされるようになりました。このため、緊急の対応としてわが国の社会資本の充実が叫ばれるようになりましたが、一方で24時間の国際空港や本四架橋、各地のウォーターフロントの充実、道路、鉄道、住宅の整備、下水道の完備、公園やリクレーションゾーンの拡充など、やらなければならない仕事が山積みしています。

 

 私どもは、こうしたニーズに先がけ全国各地の店舗、施設を整備し、サービス体制の充実に邁進。取引先の皆様にとって、また社会にとっても存在価値のある会社でありたいと願っております。

Topへ戻る